×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

速読(速聴)とは

速読(速聴)というのはなんだかご存知でしょうか?速読(速聴)というのはどれくらいの速さで予どれくらいのものを読めるのかということですが、練習や訓練をすれば速読(速聴)の速さは早くなって読める量も増えるといわれています。速読(速聴)はやり方があるのですが速読ロジックを毎日15分行って3ヶ月続けた場合には普通の速読(速聴)に比べると平均しても3倍から5倍くらいは早く読めるようになるといわれています。速読(速聴)の文字数にしてみると2500文字から3000文字が可能なんだそうです。速読(速聴)では読解力が落ちるのではないかと思っているひとも中にはいるかと思いますが、速読(速聴)を習得してからは読解力が落ちるということはないようです。速読(速聴)を身につけると視点の動かし方も変わってくるようで、数ヶ月練習すれば速読(速聴)を完璧にマスターすることができるといわれています。速読(速聴)の技術を取得するためには練習や訓練が必要です。

速読(速聴)と潜在能力

速読(速聴)は潜在能力が向上するといわれていますがご存知でしょうか?速読(速聴)がなぜ潜在能力を向上させるのかというと、早く読もうと思う意識というのは速読(速聴)を身につけるうえでは一番大切なことです。頭の中で速読(速聴)をしているときには少しでも早く読んでしまおうと思うと思いますがそれを繰り返すことで潜在能力を極限の状態まで活性化して速読(速聴)が身につくといわれているのです。速読(速聴)は、先に早く読もうとはするのですが文章を理解しながら読むということが必要です。速読(速聴)の練習をしているときには、完全に内容を理解しなくてもいいのですが、実際に練習を繰り返していしきを集中すると潜在能力が速読(速聴)によって向上するといわれているのです。文章を読むときにはリラックスして速読(速聴)をするようにすれば潜在能力が向上して記憶力も向上するといわれています。速読(速聴)と潜在能力はこのように密接な関係にあるようです。

速読(速聴)と語学力

速読(速聴)と語学力が関係しているといわれていますが、それはやはり速読(速聴)をするということはただ単に早く読めばいいのではなくて語学力が必要になってくると思います。速読(速聴)とは違う普通の読書の時でも知らない、わからない言葉があったら調べるのが大切です。速読(速聴)では語学力がなで必要なのかというと、単語の意味がわからないまま速読(速聴)をしても語学力は全然上達しないと思います。速読(速聴)を身につけるのならばやはり語学力も一緒に上達しないといけません。速読(速聴)では読んだ本の内容をきちんと頭の中に記憶しておくのなら、その本を思い出して整理しておくということも大切です。速読(速聴)でわからない言葉が多い場合にはなかなか話を記憶しておくということが難しくなってきます。ですからやはり速読(速聴)にも一般的な読書と同じように語学力は必ず必要になってくるといわれているのである程度の語学力も大切です。

Copyright © 2008 速読と速聴、頭を悩ませる必要なないです